【体験談】『産後うつ』状態だった私の過去を赤裸々に告白

子育て
スポンサーリンク

こんにちは、いとです。

今日は、「誰にも言えなかった 長くて辛い 私の暗黒期」についてお話します。

それは産後1ヶ月頃から、浮き沈みはありましたが、約1年弱続きました。

おそらく『産後うつ』だったと思います。

夫にも一度病院受診してみたらと勧められましたが、怖くて行けませんでした。

そのため、具体的に診断は受けていません

ただ、確実にいつもの私とは異なっている苦しい状態でした。

この私の辛かった体験が、今同じように悩んでいる方に「私だけじゃないんだ」

思ってもらえたら良いなと思い、私の体験を書くことにしました。

少し長くなりますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

いとってどんな人?

本題に行く前に、先に私がどんな人か簡単にご紹介します。

私は元々、幼稚園教諭を目指し、免許を取得するぐらい子どもが大好きでした。

結局先生にはなりませんでしたが、子ども写真館に就職し、子ども達に囲まれながら仕事をしていました。

子どもと関わることが好きだったため、子育ても楽しめると思っていました。

尚、妊娠するまでの私は、比較的ストレス耐性のある方だったと思います。

あまりストレスを感じて悩むといったことはなく、寝たら忘れるタイプでした。

そんな私でも『産後うつ』状態に陥ったのです…

妊婦時代

妊娠が発覚し、喜びもつかの間、私は重いつわりに悩まされました。

私は食べづわりだったため、何か食べてないと気持ち悪い、でも食べても気持ち悪い…

24時間ずっと気持ち悪い状態が1ヶ月程続きました。

この時初めて、精神的に不安定な状態になったと思います。

何が悲しいのかわからないけど涙があふれてくる、

大好きなはずの夫のいる家になんとなく帰りたくない、

行き場のない感情が込み上げてきて、自分でもコントロール出来ませんでした

そんな辛い辛いつわりも1ヶ月程でマシになっていき、徐々に妊婦生活にも慣れていきました。

出産、母になる

娘を無事出産し、ほっと一息…

のはずが、出産するともう母親なのですね。

ズタボロの身体で初めての授乳やオムツ替えスタート

妊娠中はなんとなく出産がゴールだと思っていたのですが、スタートラインだったのです。

当たり前のことですが、その時初めて気付きました。

本当に世の母親はみんなすごいと改めて思いました。

みんなこんな過酷な状況を乗り越えているのだから。

そして、産後私を苦しめたのが、授乳の痛み背中スイッチでした。

それについては別記事でまとめています。

産後のメンタル

産後数か月、授乳や寝かしつけ、オムツ替え等で自分の時間なんて全くなく、

一人の命を育てるのに必死でした。

我が子を可愛いと思う余裕なんてありませんでした

独身の子がうらやましくて仕方がなく、何で子どもを産んだんだろうとまで思っていました。

寝たい遊びたい時間を気にせず過ごしたい夜飲みにだって行きたい

そんなことを思う度に、私はなんてダメな母親なんだと自己嫌悪に陥りました

子どものことを可愛いと思えない母親なんて他にいる?

みんなちゃんと家事も育児も上手にやってるんじゃないの?

何で私は出来ないの?

そもそも私って子ども好きだったはずじゃなかったっけ?

そんな自分のことが大嫌いでした。

泣き止まない我が子

娘は本当に寝ないし、よく泣く子でした。

生後2ヶ月くらいまで、起きている時はずっと泣いていたような感覚があります。

3ヶ月検診の際、「育てにくい子だと感じることがありますか?」という項目に

「はい」と思いながら、「いいえ」に丸を付けたことを鮮明に覚えています。

こんなに泣くのは、私のもとに生まれてきたくなかったんだ

それが嫌で泣いているんだとも思いました。

一緒に何度も何度も泣きました。

我が子と一緒に消えてなくなりたいとも思いました。

理由がわからず、ひたすら泣き続ける娘を抱っこしているのが、本当に辛かった…

気分がふさぎがちになる

慣れない育児の辛さ自己嫌悪、こんなこと人には言えないというプライド申し訳なさ

結果、どんどん自分を追い込み、気分がふさぎがちになりました。

毎日勝手に涙が出る、全てにやる気が出ない、自分なんていない方が…

マイナスなことばかり考えて過ごす毎日でした。

外出先で泣き止まなかったらどうしようという不安でほぼ家に引きこもっていました。

話し相手は夫だけ。

社会から取り残されたような疎外感。

インスタを開けばキラキラした日常を送るママ達…

全てが嫌になりました。

浮き沈みはあったものの、このような落ち込んだ気持ちが1年弱続きました。

私の場合は、特に何か治療等をしたわけではなく、ただ時が解決してくれました

娘が成長するにつれて、少しずつ手が離れ、育児に慣れてきたこともあって、気持ちは戻っていきました。

現在

娘は3歳になりました。

お喋りもどんどん上手になり、可愛くて仕方ありません

あの時の気持ちが噓のよう!

やっぱり、同じ時を過ごす時間が増える毎に愛情もどんどん増していく気がします。

子どもと過ごす日常にもどんどん慣れます。

とにかく今は、子どもと過ごす毎日が、かけがえのない大切なものだと心の底から思えます

人って変わるんだなと実感しています。

さらにTwitterを始めたことで人生が大きく変わりました。

今は夢も仲間も出来て、毎日が本当に楽しいです。

辛かった経験を踏まえて思うこと

産後本当に辛かった時期を踏まえて、いくつか思うことがあります。

アドバイスというにはおこがましいですが、こうしたら良かったなということを綴ります。

家事は最大限手を抜く

出産後、初めて子どものいる生活になって、要領がわからないのは当たり前です。

大人だけの生活とは本当にかけ離れた、全く違う生活になります。

慣れない育児で手一杯なら、家事は極力手を抜きましょう。

私も最初は、子どもが寝ている間に出来る限り家事を終わらせないと…と思っていました。

そのせいで本当に休む時間がありませんでした。

最初だけです。

何年もは続きません。

それならその間は家事を後回し、人に頼む、お惣菜を買う、乾燥機を使う、ルンバに掃除してもらう…

出来る限り手を抜いて、自分が休む時間にあてた方が賢明だと思います。

パパも大人なのだから、仕事で疲れていたとしても、産後数か月くらいは許してください

一人暮らしなら全部自分でやっているはず。

弱音を吐いて周囲を頼る

どうしても自分の辛い思いを溜め込んでしまいがちです。

ただでさえ、家にいると話し相手がいないのだから。

でも、やっぱり自分の辛い気持ちは伝えないと、分かってもらえないし、自分もしんどくなります。

家族、友人、地域の保健師さん等誰でも良いです。

辛いことは抱え込まず、周囲に吐き出してください

そして助けを求めてください

こんなこともできないなんて思われたくないな…とか、

変に心配かけると申し訳ないな…とか、

そんな思いに捉われず、吐き出してみてください。

案外みんな優しいです。

そしてパパさんもちゃんと聞く耳を持ってくださいね

ネットの情報に振り回されない

私は出産後、分からないことだらけで、ずっとネットで検索していました。

でもネットにはたくさんの理想が書かれています

「そんなこと出来たらもうやってるよ!」って何度も思いました。

それに世の中にはとってもキラキラしたママさんもいます。

でも現実はボロボロになりながら、必死に一人の命を守っている人が多いのではないでしょうか。

ネットや本の情報ばかり鵜吞みにして、自分を苦しめないようにしてください。

あれは理想です。

もちろんそれを目標に頑張るのは良いと思いますが、出来なくても自分を責める必要はないと思います。

ママさんは日々十分頑張っています

育児に正解ってないと思います。

一人の時間を作る

子どものお世話にかかりきりになると、自分のことが後回しになります。

時には自分を大切にしてください。

たまには自分を優先することがあっても良いんです。

母親だから全てを我慢しなければならないということはないと思います。

子どもと24時間一緒にいると、自分が何者なのか分からなくなることがありました。

母親以外の何者なのか…

そこで、たとえ1時間でも意識的に一人の時間を作ることをオススメします。

自分が自分のために好きに使える時間。

自分時間を使って少しでもリフレッシュできるといいなと思います。

これは私が現在、意識的に取り入れていることです。

そのためには周囲の協力が必要ですね。

もちろん、一時保育を使うことを視野に入れても良いと思いますよ!

ママの笑顔は結果、家族の幸せに繋がります。

時には病院受診も

私が踏み出せなかった医療機関への受診。

毎日辛く、しんどいなら、可能な限り、やはり一度専門家に相談した方が良いと思います。

ここは私も出来なかったことなので控えめに…

まとめ

最後までお読みくださった方!

本当にありがとうございます!!!

長々と書いてしまいました。

この体験談を読んでくださった方、誰か一人でも救われた気持ちになってくれていたら幸いです。

みんなママ平気で出来ていると思ったら大間違い!!

めちゃくちゃしんどいし、本当に毎日必死だった!!

でも長い目で見ると、子どものいる毎日は最高だよ!!

ということが伝えたかったいとでした。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました