授乳が痛い…私が試して効果のあった対処法4選

子育て
スポンサーリンク

壮絶な痛みと戦い、命がけで挑んだ出産からホッとするのもつかの間…

可愛い我が子の授乳とオムツ替えはすぐ始まります。

オムツ替えは教えてもらえば何とかなりましたが、問題は授乳です。

私は慣れるまでに2ヶ月くらいかかりました…

なぜなら吸われると乳首周辺がとても痛かったからです。

最初はこの授乳による痛みで悩む方も多いかと思います。

そこで、痛みにとても悩まされた私が試して効果があった4つのことをご紹介します!

いとママ
いとママ

最初はとても痛かったけど、1か月半程で痛みはマシになっていったよ!

いつかは慣れると思うから最初だけ頑張って!!

そもそもどんな痛み?

授乳による痛みは大きく分けて、2つあります。

赤ちゃんに吸われるときに乳頭付近が傷付き、切れたような痛みと、

乳房全体が張ってカチカチになる痛みの2種類です。

本記事では一つ目の乳頭付近の切れたような痛みについて、対処法をお伝えします。

対処法①深く咥えさせる

まず最初に試していただきたいのが、赤ちゃんの乳房のくわえ方改善

最初はママも赤ちゃんも授乳に不慣れなので、とにかく赤ちゃんの口に乳頭を入れようとしてしまいますが、

乳首だけを咥えさせると傷をつけやすい原因になってしまいます。

赤ちゃんが口を開けたすきに、なるべく奥深く乳房を突っ込んでください

私の場合は、乳房を縦に押しつぶして、口に入れてあげると吸いやすいようでした。

なるべく赤ちゃんの顔と乳房をひっつけて乳輪が隠れるくらいまで咥えてもらいます。

対処法②乳頭保護クリームを塗って、ラップをつける

私が授乳のたびにやっていたのが、乳頭保護クリームの塗布とその上をラップで覆うこと。

乳頭周りの皮膚が乾燥していると亀裂やかぶれの原因になるので、こまめに保湿をすることが大切です。

クリームを塗って、その上から小さく切ったラップを貼ると保湿効果が期待できます。

面倒くさいですが、これを授乳のたびにやると、少し痛みが和らぎました。

対処法③抱き方を変える

毎回同じ抱き方で授乳をしていると、ずっと同じ箇所ばかり傷付けることになります。

そこで、抱き方を変えて授乳するよう心掛けていました。

抱き方は「横抱き」「縦抱き」「フットボール抱き」の3種類あります。

「横抱き」は首の座っていない赤ちゃんを抱く時の一般的な抱き方です。

「縦抱き」は赤ちゃんの上体を起こし、首元をしっかり支えて縦にし、正面から吸わせます。

「フットボール抱き」は赤ちゃんを小脇にかかえるようにし、頭だけを乳房の方に出して吸わせます。

授乳クッションがあると授乳しやすいです。

いろんな角度から吸ってもらうことによって、飲み残しによる乳腺炎の防止にもつながります。

対処法④おっぱいを休ませる

何をやっても痛いときはしばらくおっぱいを休ませましょう。

ただ、ずっと授乳をしないと、乳房が張ったり、母乳が出なくなる原因になるといけないので、

おっぱいを休める時も搾乳はしましょう

私も痛みがひどいときは、搾乳して哺乳瓶であげていました。

授乳時間前に搾乳して、たまに痛みがマシな時は直接吸ってもらってを繰り返し、

1ヶ月半~2ヶ月くらいかけて痛みもなくなり、その後は完母で育てることが出来ました

ちなみに私は自動搾乳器で搾乳していました。

搾乳時は乳頭付近の痛い部分には当たらないので、痛みはなかったです。

無理せず、休めることも大事だと思います。

番外編:乳頭保護器は効果がなかった…

私が試したものの一つに乳頭保護器があります。

シリコン製で、乳首にかぶせることで乳頭を守ってくれるアイテムです。

私の付け方が悪かったのかもしれませんが、痛む皮膚と擦れて、付けると余計に痛かったです。

もちろん個人差があると思いますが、私には効果がありませんでした。

最後に

当時の私は、授乳時の痛みがいつまで続くのか不安でたまりませんでした。

こんなに痛いなんて聞いてない!と絶望していました。

ママになってすぐ出鼻をくじかれたようなその気持ちわかります。

決して無理はしないでください。

ただでさえ身体の痛みや寝不足で疲弊していることと思います。

どうか自分の身体や心も大切に、肩の力を抜いて、可愛い我が子との日常が楽しめますように…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました